news

 

2019.05 galleryDAZZLE

     グループ展「水辺の風景」には、たくさんの方にご来場いただきました。

     ありがとうございました!

 

2019.03 鈴木成一装画塾 京都講座 奨励賞受賞 

2019.      「活躍する日本のイラストレーター」2015〜2019に掲載いただきました。

2018.10 イメージナビ「今旬作家29号」に掲載いただきました。

「Map mania」に掲載いただきました。


田辺聖子さんを偲ぶ。 ()
↓赤い絵シリージ第二弾、「赤い船」。 先日、田辺聖子さんの訃報をニュースで知りました。大大大好きな作家でした。 関西弁で笑える「ぶす愚痴録」、 軽やかな文章の短編コメディで、読みやすく何度も読みました。「ツチノコを食べる」「ムジナなべ」「人生の達人」など、(すごい! 大分昔に読んだのにタイトル覚えてる!)中年男性が主人公の短編集です。笑いながらも、人ってバカで素敵だなあ〜と、しみじみと感じさせてくれました。 どの本に収録されていたか忘れましたが、「ひなげしの家」も印象的でした。海が見える丘の
>> 続きを読む

小さな赤い鹿の絵 ()
赤い鹿の絵を描きました。 無性に赤い絵が描きたくなりました。赤いモチーフ何にしよう???ふと思いついたのは、鈴木光司さんの「楽園」。 原始の時代、少年が伝説の赤い鹿を求めて狩りに出ます。少年は成長し、恋に落ち家族を築きます。平和に暮らしていたある日、他の部族に襲撃され、妻を連れ去られます。彼女の行方を追いますが、猛吹雪に遮られ北のルートは諦め、南のルートから伝説の大陸へ渡るべく、海へ漕ぎ出します。ベーリング海峡を渡ってアメリカ大陸に渡った人たちやオセアニアの海からアメリカを目指した人たちの、
>> 続きを読む

「ブラック自分」にならないで。 ()
↓「老人と海」をイメージしました。 吉高由里子さん主演のドラマ「わたし、定時で帰ります。」、娘が見ているので何となく見始めたのですが、いろいろ思い出してしまい辛くなってしまいました。 この業界、本当にブラック体質なんです。デザイン業界だけでなく、主人公ゆいちゃんの前の会社(旅行関係?)もすごかったですね。 私も、仕事に追われ精神的に追い詰められ、体を壊したことがあります。思い出すと腹が立ちます。自分に。 なんでもっと、自分を大事にしなかったの? そういえば、どんなにイッパイイッパイでも頼ま
>> 続きを読む

ニャンコと決意。 ()
最近、ステキな出会いがたくさんあって嬉しいです。 先日、松江マトリョーシカの作家さんのお宅に遊びに行かせていただきました。 松江マトリョーシカは、島根で人気のお土産です。じゃらんニュースのイメージ画像になってますね。 ↓かわいい!松江城と出雲大社だ♬ ↓初期の作品だそうです。こちらもステキ! ↓お宅もとってもオシャレです。 ↓そしてそして、美猫さん発見! ↓サビちゃんは綺麗な模様です。 ↓この方を抱っこさせていただきました。大きくて重くてあたたかくて幸せ〜! 猫満喫です(^^) 写
>> 続きを読む

駅ピアノ ()
↓「人魚がくれたさくら貝」(長崎源之助)イメージノスタルジックな昭和の世界、ちょっとミステリーなお話も大好きです。主人公が同じ名前であることも、父親と死別したことも、海が大好きなことも、子供ながらに共感することが多く、特別な本になりました。 「駅ピアノ」という番組をご存知ですか?なんとなくつけたNHK BS で放送してました。 めちゃめちゃいい番組でした。駅に置いたピアノを弾く人にスポットを当てるドキュメント。子供達と、「素敵だね〜!!!」って盛り上がっちゃいました。 90歳の老紳士。第二次世
>> 続きを読む

絵と猫 ()
グループ展出展作品↓「悲しみよこんにちは」をイメージして描きました。 カメラマンのスイさんに撮っていただいた写真です。ブロ友のnonnonさんとのおしゃべり風景。透き通るように、クリアな写真、ありがとうございました! ちょっとだるくて喉と目の奥が痛いです。燃え尽き症候群 + 風邪 + 疲れ? ・・・と自己診断。 今日は雨で涼しいので、熱いコーヒーを飲みながらゆっくりペースで仕事します。 こちらはミュウ子↓東京から帰ってから、ひと時も離れようとしません。
>> 続きを読む

東京にて ()
グループ展「水辺の風景」終了しました。ありがとうございました。 夜行バスにて新宿に降り立った後、都庁を見学。晴れていて遠くまで見渡せました。 ブロ友さんと待ち合わせてランチをご一緒し、ギャラリーダズルさんに。 お世話になっている編集者さんやブロ友さんとおしゃべりをしつつ、幸せなひと時を過ごしました。正直まだまだおしゃべりし足りないです。またみなさんとお会いできたら良いな。 ところで、東京は緑が豊かです!立派な街路樹がそこここに立っているのでビルは見えるけど森の中にいるようでした。 カフェ巡り。
>> 続きを読む