ミランダが好き。

「セックス アンド ザ シティ」を見てます。
ライターのキャリー、弁護士のミランダ、実業家のサマンサに夢見る乙女シャーロット。
タイプの違う4人の女性の、恋と友情を描いたドラマです。

私が好きなのはミランダ。
NYらしい、キレのある毒舌が好きです。
一本気で不器用で、素直になれなくて、何でも自分でやってしまって。。。
し…親近感わくな〜(笑)

新米シングルマザーのミランダ、
夜泣きがひどい息子のことを
「あいつが35才の男だったら、とっくに別れてるっ!」
って叫んだシーンはウケました。
それ、私も思ったことある。めちゃめちゃ気持ちわかる!

アメリカ人のママって、ゴージャスで優雅なイメージがありました。
白いベビーベットにバカでかいベビーカー。
ウィークエンドはベビーシッター頼んで、ディナーに行ってきます…みたいな。

でも違いました。

ミランダみたいなタフなキャリアウーマンでも、
子供の夜泣きには悩まされるし、
美容院行けなくてストレスたまるし、
独身の友達からの孤立感感じるし、
寝たいし。

生まれつき完璧な母親なんていない。
泣いたり笑ったり、キレたり正気に戻ったりを繰り返して、
少しずつ母親の顔になっていくんだろうな〜。

世界中がきっとそう。

頑張れ! ミランダ!

頑張れ! 新米ママ!

(↑おまえもな!)