自分にできること

昨日までのしめ切りの絵を描き上げました。
この10日間はずっとそれらの絵にかかりっきりでした。
大変だけど、自分の世界を描いてる時が一番生きていることを実感します。

震災のことを考える。
こんな時に絵なんか描いていていいのだろうかと思う。
絵描きに出来ることって何だろう。
ソフトバンクの孫社長のように100億円も寄付できない。
でもできないからと言って何もしないワケにはいかない。
苦労して稼いだお金は、自分の血であり肉である。
孫さんは自分の肉をえぐって痛みを分かち合おうとしてる。

今日のニュースにお母さんを亡くした子供が出てました。
小さい頃の自分と重なる。
明るく振る舞ってるけど、それは周りに心配かけないためで
同情されて悲しみを顔に出すとホントに崩れてしまうからで
ほんとは心細くて悲しくて泣きたくて泣きたくて…しょうがないんだって分かる。

私には、孫社長のようにすぐに大金を用意する力なんてない。
だから、これからの生涯をかけて支援を続けて行こうと思います。

 

今日からは溜まってる仕事にとりかからねば。
今まで待ってくださったお客さんたちへの感謝を込めて。